2011年06月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
apollo


NASAの宇宙飛行士(アポロ14号のクルー)たちの記念写真とピンズのコラボです。

この間ピンズをお送りした方が、画像をメールしてくださいました。

ピンズの配置もおもしろくて、記念写真が一段とかっこよくなっていますね!


NASAのピンズはアメリカものの中では、一番デザインが凝っているように思います。


「APOLLO 14(アポロ14号)」と書かれたピンズは、右上のものです。

宇宙飛行士たちも同じ絵柄のワッペンを胸に縫いつけていますね。

絵柄の中にある星と3本の線を束ねる輪は、NASA宇宙飛行士のマークなのだそうです。



それにしても、「宇宙」というだけでロマンがありますが、なんでしょうね。


宇宙は壮大といってもほとんど真っ暗で短調で、地球の方がずっと色とりどりの風景がありますし、

スペースシャトルなどで宇宙に出てしまうと、

狭い機内でほとんど身動きも取れないじゃないですか。


それにロケットで宇宙へ出ていくことが、日々の生活の何に役立っているのかよくわかりませんし、

莫大なお金のかかった打ち上げ花火みたいですね。


つまり要するに、そういうところがロマンチックということなのでしょうか。



(00:14)

コメントする

名前
 
  絵文字