2020年10月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
IMG_20201021_123851
IMG_20201021_123913
IMG_20201021_124910


 ここに到着して以来、今日が一番気温も高くて、朝からお日様も燦々と、お散歩日和。アパートから150メートルのところにある海辺へ、3人で。毎日、飽きもせず砂の上を歩く。ルイの方は、走る。もしくは転がる。
 すがすがしい気分になったところで、お昼ご飯のためアパートに戻り、エレベーターで3階へ。
 となるはずだったのが、私の鍵を預かっていたルイが、エレベーター前の小さな段につまづいて、うっかり鍵を離してしまい、そのまま、するするすると鍵はエレベーターの隙間に吸い込まれて・・・・・・ルイ、泣く。
 泣く直前に、私の顔を見上げたときのルイの表情。絶望。
 ディディエのお説教がその場で始まり、二人揃って神妙に拝聴。ルイはシクシクしながら。
「この穴に気をつけるように、何度も何度も注意したのに、何の意味もない、二人でなんとかしろ!」
 ついには、ディディエからそんな最後通牒まで突きつけられた。
 ただ、鍵は2つ持って出かけていたので、もう一つのディディエの鍵を使えば出入りには問題がなかった。不幸中の幸いだった。
 二人で後始末をつけろといわれても、ルイに何かができようはずもなく、仕方がないので私一人で、エレベーター会社の電話番号とエレベーター番号をスマホで撮影し、ともかくお昼ご飯が最優先だろうから、食後に電話しようと準備だけしておいた。食べないことには、ディディエの機嫌も治らない。
 ご飯が終わって、仕方ない、フランス語は片言だが私が電話しなければと重い腰をあげたら、ディディエが代わりに電話をしてくれるという。よかった、パパ、もう怒っていなくて。おなかいっぱいになってるしね。
 ルイは自分の身の上にはいつもいつも不運なことばかり続くと嘆く。
「いやでもみんな、そんなもんだよ」と教えてあげる。だから人生は苦の連続なんだよ。そんな中で、どういう気の持ちようで過ごすかが大事ということ。気を取り直すようにね。
 ルイはすぐに元気になった。




※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。

※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:14時~20時(ラストオーダー) 



(09:32)

コメントする

名前
 
  絵文字