2020年09月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
209077

クーカイと明星?
この商品のアドレスはこちら↓
http://masson.ne.jp?pins=209077







 ルイのために図書館から本を借りてきたけれど、ちょっと難しすぎたようで読まなかった。マンガなんだけど・・・・・・学習漫画の『足利尊氏』と『空海』。無理か、普通の小二には。
 日本史は私が高校生の時に選択しなかったのでちょっと苦手で、足利尊氏をルイと一緒に読みながら復習したくて、ついでに図書館でその隣に並んでいた空海も手にとって帰ってきた。
 先に、特に私が知りたかった足利尊氏から始めたのがまたよくなかったかもしれない。南北朝時代の話なんて複雑すぎて、何回きいても忘れる。そう私自身だって、あまりにややこしすぎて、これまで記憶を保持できていないのだ。でも今回は、漫画で読んだから、それにピンポイントで興味を持っていたから、今度こそは頭に入ったはずだ!言い遅れたけれど、ルイが投げ出したあと、私ひとりで最後まで読んだので。
 空海の方は、さすがに知ってる話しか出てこなかった。実は私は空海の大ファンで、ルイにも好きになってもらいたくて借りたわけで。全然、ルイには読んでもらえなかったけど。またいつかそのうち。
 空海といえば、その名前は「空(そら)」と「海」に由来しているとそのまま考えられているのだけれど(ウィキペディアによると)、もしかすると「空(くう)の海」という意味だという可能性はなくないかな?とつい数週間前に思いついた。バスに乗っていたら、「空海」という名前のラーメン屋さんがあって、それをぼーっと見ているうちに、ふとそんな考えが浮かんだのだ。
 「空」といえば、仏教的には圧倒的に「くう」だ。お経に出てくるのは「そら」ではなく「くう」ばかり。この世はお大師様にとっては、「空(くう)の海」に見えていたかもしれないという解釈も、成り立たなくはないのではないだろうか?

(22:40)

コメントする

名前
 
  絵文字