2017年07月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
適当でいい加減な私とは違って、ルイはいつでも一貫している。
140284ae.jpg



ディディエがいうには、私がルイを甘やかして怒らないのが諸悪の根源なのだ。そのせいでルイが赤ちゃんのまま成長せず、誰のいうことも聞かないで、好き勝手していると。それどころか確信犯で、大人たちの嫌がるようなことをわざとしている。ルイは小さな王子様になってしまって、私や大人たちが奴隷にされている。私は自業自得にしても、パパやパピマミまで奴隷になっている状況は、理解できない。

私が思うのは、ルイは子どもだからいうことをそれほどきかず、好きなようにしたいだけなのだ。それを叱って大人の思う通りルイが従うようになることに、どれほどの意味があるのかわからない。

嫌なことを嫌だと言って、なぜ怒られなければいけないのだろう?

挨拶も完璧にはできないし、食事中はウロウロするし、お昼寝は大嫌い。だけど、それは命にかかわることではないし、マナーとかはいつかもうちょっとマシになったら、それでいいんじゃないの。怒って怒鳴り散らして、今日その場でできるようにならなくても。とくに環境が変わってしまっている今は。

庭掃除をろくに手伝わなかったこととか、畑の種まきに付き合わなかったこととか、どうして怒るの?どうして大人の望むことを全部やらせようとするの? 一人で遊ぶのがつまらなくて、いつも一番よく付き合ってくれるママの手を引っ張ったら、どうして嫌な顔をするの?

笑って欲しいだけなのに。どうして伝わらないのだろう。



(※ピンズマルシェの商品発送は通常どおり行っております)


(09:05)

コメントする

名前
 
  絵文字