2017年03月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
dad7aa9d.jpg


最近のルイは、フランス語でも、何不自由なく言いたいことは言えるようになってきました。

パパと話すときはフランス語だけで、私とだったら、日本語の文章にフランス語の単語が大量に混ざりながらの会話です。

聞き取りに関しては、私よりもルイの方がずっと聞けています。この間もフランスの映画(ルイ・フュネスの憲兵のシリーズ映画だった)を一緒に見ていて、あんまり一般的ではない単語が出てくると、私の方はその単語の周りの文章全体がわからなくなってしまうのですが、ルイは知らない単語だけを取り出して、「パパ、Adjudant-chefって何?」と尋ね、発音もできています。

でもこの間、ルイは卵の「黄身」というごく日常的な日本語がわかりませんでした!フランス語ならわかるのに。やっぱりバイリンガルの道は険しい。両方の単語を覚えるんですもんね。

それにしても、最近のルイは、フランス語が話せることが自慢になるとわかってきていて、生意気なことこの上ないです。「さしすせそ」も発音できないくせに!今度ちゃんと教育しておきます!!!




(18:32)

コメントする

名前
 
  絵文字