2012年11月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
38300

写真はピンズマルシェのピンバッジ、伝説のオペラ歌手マリア・カラス。
アドレスはこちら↓
http://masson.ne.jp?pins=38300









朝、8時半頃になってまだ眠いなあと思いながらもふとんを出て

先に起きてディディエが用意してくれたトーストをぼーっとしたまま食べながら、

何の気なしに掛け時計を眺め、

あれ?何か忘れてる、あっそうだ、「しまったああああ~あ~あ」と、いっぺんで目が覚めると同時にがっくり落胆しました。


その朝は、私の住む地区のゴミ袋保護ネット設置係に当たっていたのです。

朝7時頃までにゴミ置き場へ青いネットを付けておく係で、そうしないとカラスがゴミを食い散らかしてしまいます。


カラスの一団がゴミ袋をつついて暴れまわっているイメージが目の前に浮かんできて、何はさておきまずはゴミ置き場へ行ってみようと玄関を出ると、門の近くにネットの入っていた中袋がもぬけの殻になって置いてありました。


ネットを盗むマニアックな泥棒が現れたのではないとすると、誰かご近所さんがネットを持って行ってくれたのです。

まずはカラスと飛び散ったゴミのイメージが消え去って、ほっとしました。


ネットの設置には出遅れたけれど、せめてネットの回収は自分でしようと、やはりゴミ置き場へ向かってみたのですが、ゴミもネットも影も形もありませんでした。


仕方がないので家に引き返し、ふと左のお隣さんの庭を見ると、青いネットが干されています。

頼りない私の代わりに、左隣の奥さんがネット係をしてくれたのです。

お礼をいわなければと、ルイも一緒に連れてきてピンポンを鳴らしました。


しばらくしてガチャガチャと玄関が開き、お隣の奥さんは私の顔を見るなり、「ごめんなさいね、お節介をしてしまって」と謝りながら出てくるではないですか!カラスがゴミを引っ散らかして、通勤途中のご近所のみなさんが迷惑する(私のせいで)、という危ないところを救ってくれたのに!!!


奥さんは、「赤ちゃんがまだ小さいから、気にしないで大丈夫よ。このくらいしか協力できないけど」と言いながらルイをあやし、「私もね、夜中にぐずる赤ちゃんをベビーカーに乗せて外をうろうろしたこともあるし、一晩中、抱きかかえてたこともあるわ、でも楽しいわよね」と、つい最近のことのようにうきうきした様子で話してくれます。

その奥さんの赤ちゃんは、今はもう結婚して子どもも何人もいるのですが。


そのあとそろそろ始まるルイの離乳食のことなど相談したりして、お礼をいいに行ったのに結局、全然違う話ばかりして帰ってきてしまったのでした。


まったく不甲斐ない……

photo-27

夜の散歩。

(04:05)

コメントする

名前
 
  絵文字