2017年06月

2017年06月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
近所の全く人気のない公園へ行ったら、ブランコの鎖は錆びていて、滑り台はよく滑らず、葉っぱが迫ってきているので、ルイは目になんか入ったらしい。
aa067c39.jpg
毎日のようにヨーロッパでのテロのニュースがありますね。これをどう解釈していいのか、何かの始まりではなくて、最後の断末魔だったらいいのですが。

とはいえ昨日のフランスも今朝のベルギーも犯人だけが犠牲になっていますから、ちょっとほっとしました。警察の守備範囲内でまだ収まっていてテロ対策がしっかり機能しているということですよね。

イギリスがどこよりも酷いことになっていますね。火事も最悪でした。リフォームしたばかりの公営住宅から火が出て、それなのにメイ首相は最初に被災地を訪れたとき被災者に会わなかったっていうのも、あまりにも責任感ゼロで、どこかの国の安部夫妻とか思い出してしまいます。

このままいくとイギリスは、数十年後にはポルトガルみたいになってしまうかもしれませんね。昔はすごかったんだよっていう。首都のリスボンとか港町のポルトとか、私も一回だけ行ったことがあるんですが、ものすごく格好いい街並みなんですよね。お金のいっぱいかかった、しっかりした造りの。それで昔(大航海時代)はすごかったんだよ関連の記念碑とかがあちこちあったりして。海もきれいだし、物価も安いし、食べ物もおいしかったし、雰囲気も富裕層向けみたいなギラギラなところがなくて落ち着いてるし、また行きたいな~、ヨーロッパの中では、一番好きだな~。←でもこれ、ディディエには内緒ですよ。フランスが一番じゃないのには耐えられないはずだから……


(10:34)

2017年06月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
このあいだルイは合気道のあと、道着で自転車の練習。同じ学年の友達たちはそろそろ補助輪なしになってきたから、ルイもがんばって取らないと、と急に決意したらしい。
1e2c0576.jpg


うちで何を食べているか、よく尋ねられるのですが、答えに窮します。
料理、苦手なんですよ。
基本は、健康的でさえあればいいかと思っています。ディディエにとっても、それが一番大事みたいだし。

日曜日のお昼は、半熟玉子と、コーンとキノアの入ったスパゲティに、小松菜とニンニクを炒めた野菜をからませて、それに完熟トマトとオリーブオイルとオリーブとバジルの葉っぱを混ぜたソースをかけて食べました。そのあとヨーグルトにシリアルとお砂糖を混ぜたもの。そしてスイカ。

トマトソースはディディエが作って、私は卵とスパゲティを茹でたのと、野菜をオリーブオイルで炒めただけ。トマトソースの味が薄めだったから、ちょっとおしょう油を混ぜたら、いい感じになりました。

半熟玉子はフランス風ですが、スパゲティの方は、なに風なんですかね?日本食でもフランス料理でもないでしょう?

午後は母が遊びにきて、たけのこご飯と高野豆腐を作ってくれました。ルイは高野豆腐が大好物なんです。私は作ったことないんですが、保育園で出てくるらしく。

ディディエは日本風の甘辛味があまり好きではないので、家で肉じゃがも作ったことがないんですよね。でも、これも保育園でルイの一番好きな献立らしいので、一回ぐらいは家でも作ってみようかと、母に肉じゃがの作り方を尋ねてみました。「ダシを入れるんでしょう?」とか。

「ダシはいらんよ~お肉が入ってるし。ダシがいるのは和食だけ」と即座に否定されましたが、そのとき肉じゃがのレシピの続きよりも、肉じゃがが和食ではないことが衝撃で、
「肉じゃが、和食じゃないの?」
「ん~和食ではないなあ」

念のために確認しましたが、やはり母は肉じゃがを和食とは認識していませんでした。

考えたらお肉が入ってますもんね。ちょっと前(数十年前、母の子どもの頃)まで日本人はお肉をほとんど食べませんでしたし。

かといって肉じゃがが西洋料理かといわれたら、そうでもないように思うんですが、もしかするとどっちかっていうとやっぱり西洋料理なんですか?シチューっぽい感じで?中華では絶対ないし……

レシピも聞いてなし、ぐつぐつ煮込んだりとか、食事前の20分ほどでできないものはやる気がしないので、もう一生作らないような気がうっすらとします。肉じゃがの糸こんにゃくは最高だけれど。実家で出てきたらルイも糸こん狙いで取り合いになって、喧嘩の元だしね。


(03:46)

2017年06月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
a019e322.jpg
保育園の先生と、ルイがどうしたら朝スムーズに来られるのか相談していて、やはり、3月までの親友のAくんが保育園を卒園してしまったのが、返す返すも残念という話になった。

Aくんは2つ年上だけれど、ルイのことをすごくかわいがってくれて、リーダータイプな上に個性的で、いつも先生たちとは全然違うおもしろい遊びを考え出していたし、いろんなことを教えてくれていた。

「それに、保育園で一番の男前だったよね」と私がいうと、
「男前ってなに?」とルイ。
「かっこいいっていうこと。イケメン」といって説明をしたら、ルイは「そうだね」という顔をしたのに、
「一番イケメンは、ルイだろ」とパパが、ひそかに日本語の会話を理解して割って入ってきた。

パパは思ったよりずっと親バカらしい。


(22:35)

2017年06月16日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
94ca2162.jpg

画面いっぱいに元気よく描けています。
お決まりの戦闘機です。
保育園の先生が画用紙に貼り付けてかっこよくフレームを作ってくれました。

……でも実はこれ、上下逆さまです。ルイと私とパパしかわからないと思うのですが、逆さまなんです。絵の左上の方に、ヒョロヒョロっと黒い線が伸びてるでしょう?あれはクレヨンが滑ったわけではなく、空中給油のためのホースなのです。実際の戦闘機がいつもホースをぶら下げてるってことはないと思いますが、ルイの中ではホースは常に付いていなければならないものなのです。

あとフランスの国旗もね、青白赤の順番に左から並んでいないとね。


ルイは戦闘機も軍艦も戦車も大好きですが、
軍人になりたいという気持ちはゼロです。
何度尋ねてもそれははっきりしています。危険だからって。

新幹線もスポーツカーも、ものすごく好きだから、
単に乗り物好きなだけなのでしょうね。

戦闘機には乗りたくないけれど、
フェラーリを買いたいという方はもう長年の夢になってきました。
3才のときから言っていますからね。
もうすぐ5才ですし。


それにしても、夢がちゃんと叶うような、安定した世界であってほしいですね。
ロンドンは大火事だし、トランプさんは弾劾目前だし、
そしてそして安倍内閣……トランプさんとどこも違わないやりたい放題。

改憲なんて大事なことは、安倍内閣には無理。
もうね、石破茂さん支持を表明します。
そう思ったら顔もいい感じに見えてきました。
サンショウウオみたいで、素敵でしょう。

前川さんも詩織さんも、応援してます。

一番大事なのは、すぐに使えるお金がたくさんあることではなくて、
夢が持てること。希望の光が見えること。
ルイの未来にも。いくつになっても、だれの行く末にも。

(00:21)

2017年06月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
216022c5.jpg
今朝ルイを保育園へ送っていったら、隣のクラスの子のお母さんが、まだ生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて久しぶりにやってきていた。

二人目ともなると、ベテランお母さんの顔になっていた。ちょっと前まで私と同じ新米お母さんだったのに。

でもそうだね、私も、約5年のキャリアを積んだお母さんになってるんだものね、いつの間にか。どんな仕事でも5年もしたら、大抵のことはわかってて、人にも教えられるほどだものね。

ルイの、人としてのキャリアも5年。

そうそうこの間は、言葉の意味を説明してくれた。

パパがなにかものすごい高価なものを見つけて、「le prix fou フー(英語でいうとクレイジー)な値段」だと騒いでいたら、
「ママ、フーってどういう意味か知ってる?」とルイが話しかけてきた。

本当いうとわかってるけど、ルイがどういう説明をしてくれるのか知りたくて、「んー知らないなあ、どういう意味?」と尋ねたら、
「2つ意味がある」となんだか本格的な辞書の定義みたいにいう。
「一つは異常っていう意味」
確かに確かに。ちゃんと意味、合ってる、合ってる。でもそれだけではないらしい。
「もう一つは、やりたいようにするっていう意味」
なるほどね~その通りだなあと、含蓄のある言葉を聞いたときのような気持ちにさせられた。

小さい小さいと思ってたけれど、実はもうそんなに幼くはないのだね、ルイは。


(23:36)