2015年04月

2015年04月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
このところ天気予報がよく当たって、昨日も覚悟していた通り雨、雨、雨。

「すごい雨。雨ばっかりだねえ」というと、

「fdawoijは雨がすきだよ」とルイ。


日本語を自由に操りはじめたルイですが、発音がまだ赤ちゃんで、残念ながら何をいってるかわからないことがよくあります。


「何が雨が好きなの?」

「nfosiugは雨が好きだよ」

「ajrfpaueは雨が好きだよ」

「klsjoeuは雨が好きだよ」

何度も何度も繰り返した末に、

「カエルか!」とついに判明。

「そうだよ。カエルは雨が好きだよ」当たり前でしょ?とルイは涼しい顔をしています。


「カエルは確かに雨がうれしいね。お魚も雨が大好きだね。そういえば、ルイも元々は泳いでたよね、ママのお腹の中で」と続けると、

「ルイはママのhofapoiをぱりんと割って出てきたの」というではありませんか。

「何?ママの何を割ったの?」

ついにルイも胎内記憶を話す日がきたのかと驚き、でも決して焦らせてはいけない、ゆっくり落ち着いて聞き出そうと、優しく尋ねました。

「ママのgskposuをぱりんと割ったの」

「ママのaieojniをぱりんと割ったの」

「ママのndfihuahをぱりんと割ったの」

ルイの方もあきらめないで5度も6度も言ってくれたので、

なんとかやっと「パジャマ」を割って出てきたことがはっきりしました。


わかったのはいいですが、パジャマだなんて意外です。出産の時、私はバスローブみたいなものを着ていたし。

しかもお腹を指していうので、ママのパジャマのお腹がぱりんと割れて、ルイが出てきたわけです。

お腹から垂直に飛び出してきたことになってるのもおかしいし……


「それから、ママのパジャマをくっつけたの」


……間違えていました。『狼と7匹の子ヤギ』でした。胎内記憶ではなく。

b2e5f66c.jpg



(11:08)

2015年04月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
5c2a368b.jpg



4月1日からルイは待機児童ではなくなり、前よりも大きな保育園に通うようになりました。

体操服の制服があって、ルイもかっこいいと思っているようで満足そうですが、

私はもっと満足。


春なのでちょっと暖か目にというと、上から決められたトレーナーを着せるだけ。

これから夏に向かっては、いずれ決められたTシャツ一枚になるだけ。

秋になったら、またまたトレーナーを出してきて、

冬はそれにジャケットを着せて通学でしょう?


元々、実はルイの服は、イトコのにぃにのお下がりばかりで、

ルイのためだけに買ったものはどうしても足りないごくわずかなので、

何にも考えていないといえばそうなのですが、

さらに一層、何も考えないという……


(15:43)