2012年03月

2012年03月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
e1518ffc.png



寒いという漢字が寒々しく書けたような気がしました。ま、たまたまですけど。



(11:00)

2012年03月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
27540

写真はピンズマルシェのピンバッジ、制服の警察官。
アドレスはこちら↓
http://masson.ne.jp?pins=27540










長らくポゥの近況をお伝えしてなかったように思いますが、

いつ以来でしょう。某県立高校への体験入学中の話から進んでいませんでしたね、確か。


体験入学は、無事に体験卒業の日を迎え、

最後の授業が終わった後、クラスメートが黒板いっぱいにメッセージを書いてくれて、

クラス全員のメッセージが書かれたサイン帳を貰って、

泣いてくれる女の子もいたりして、ポゥはすっかり感激していました。


みんな本当に優しいですね~。


ただポゥは、数週間みんなと一緒に授業を受けて、特に数学がさっぱり全然わからないことを自覚し、

この高校の勉強にはついていけないことに心から納得がいったようです。

仲良くなった友だちや親身になってくれた先生方のことを思うとそのまま続けて通いたいのは山々のようでしたが、無理なことも充分わかっており、

その日が本当に最後になったのでした。



数学アレルギーのポゥのために解決策が必要となり、

学年をわざと一つ下にするよりも、

むしろ年齢相応に新高3として入った方がいいだろうということになりました。


(※ちなみに「数学アレルギー」というのは誇張でもなんでもなく、

数学を勉強するとストレスでじんましんが出ます。

皮フ科で薬を出してもらったくらいです。)


高3だったら文系を選択すれば数学がありません。

そして高3で受け入れてくれるのは私立だけですから、

うちから近い某私立高校へ入学することに決まりました。


あと1年間だけのために制服やら何やらすべて揃えなければならず、

なんかもったいないからせめて高2に入って2年間通って減価償却して欲しいような気さえするくらいですが、

高2に入ってしまうと数学があって卒業できないかもしれないので、そんなリスクは負えません。

今時、いくらなんでも高校は出ていないと、お嫁にも行けないかもしれませんものね?


ともあれ本人は本物の制服を身につけられるということで大興奮していて、

それにディディエも、ポゥの喜ぶ顔が見られて大満足しています。


実はディディエは恐ろしいことに本物の親ばかなんです・・・そのうちおいおいわかるかもしれませんが・・・


それはともかくとして、ポゥは日本語の方は相変わらずバリバリ勉強しています。

日本語の日記も続いていますし、友だちとも日本語でメールを交換しあっています。

上達しているのかどうか、私との会話では日本語を決して使わないので今もってはっきりわかりませんが、

多分、腕は上がっているはずです。

この間も、高校編入学が決まったことに感謝して、

「あなたのおかげで万事うまく行きました」という筆ペンで縦書きのメッセージカードをもらいましたから。
photo-1


(00:55)

2012年03月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
82621

写真はピンズマルシェのピンバッジ、ロータリークラブ。
アドレスはこちら↓
http://masson.ne.jp?pins=82621








ご機嫌いかがですか?


神戸のお天気は雨模様ですが、

春の雨ですから、パラパラと降ったり止んだり。

傘を出してみたり仕舞ってみたり。

でももう冷たくないから、ちょっと濡れても大丈夫です。


さて、ピンズマルシェの参加しているイベントですが、

神戸・西神にて、3月31日(土)まで、ナガサワ文具店西神プレンティ店内で、

数千点のピンズをご覧いただけます。

お近くにお越しの際にはぜひお寄りください♪


今日は600個ほどのピンズを入荷いたしましたので、ご紹介いたします!


※新着の全商品をご覧になる方法を下記にご説明いたします。
ご存知の場合は読み飛ばしてください。
===========================
まずは↓ピンズマルシェにアクセスします。
http://masson.ne.jp

トップページには最新の商品100個が表示されています。

101個目以降は、トップページの右下にある、
「次へ」のアイコンをクリックすると順番に表示されます。
http://masson.ne.jp/catalog/products_new.php?page=3

それぞれの小さな写真をクリックすると、
大きな写真のページへ移動することができます。
===========================


●猫
http://masson.ne.jp?cat=181

めずらしいポーズの黒猫
http://masson.ne.jp?pins=82710


●リス
http://masson.ne.jp?cat=189

竹馬に乗るリス
http://masson.ne.jp?pins=82593

シャンパーニュとリスも再入荷
http://masson.ne.jp?pins=82589


●金色のヒトデ
http://masson.ne.jp?pins=82586


●映画
http://masson.ne.jp?cat=131

スターウォーズ
http://masson.ne.jp?kw=starwar

宇宙家族ジェットソン
http://pinsmarche.com/catalog/advanced_search_result.php?keywords=%A5%B8%A5%A7%A5%C3%A5%C8%A5%BD%A5%F3&x=0&y=0


●ディズニー映画のディックトレイシー、腕時計
http://masson.ne.jp?pins=82633


●コダック
http://masson.ne.jp?cat=316
コダック、破産してしまいましたね。
オリンピック・スポンサーを始め、たくさんの種類のピンズがありますが、
もう新しくピンズが作られることもないのでしょうね。

この写真撮影をしているカメラピンズは珍しいです。
http://masson.ne.jp?pins=82600

●サッカー
http://masson.ne.jp?cat=161

FIFAのフェアープレーを呼びかけるピンズ
http://masson.ne.jp?pins=82565


●ボウリング
http://masson.ne.jp?cat=334

ボールに追いかけられるピン
http://masson.ne.jp?pins=82553


●消防
http://masson.ne.jp?cat=271

顔のある太陽のついた消防のマーク
http://masson.ne.jp?pins=82452

消防車
http://masson.ne.jp?pins=82454


●日常の風景
電球の取り替え中
http://masson.ne.jp?pins=82472

駐禁でレッカー移動・・・
http://masson.ne.jp?pins=82455


●アメリカの郵便局、100周年記念
http://masson.ne.jp?pins=82526


●パラオ共和国の切手型
http://masson.ne.jp?pins=82443


●フランスのピンズ
パリ、サクレクール寺院
http://masson.ne.jp?pins=82674

南仏タラスコンのお祭り
http://masson.ne.jp?pins=82648

ブルターニュ地方の民族衣装の帽子
http://masson.ne.jp?pins=82514

農場の風景。庭のテーブルが気持ちよさそう
http://masson.ne.jp?pins=82783

パリの美食の館ダロワイヨ
http://masson.ne.jp?pins=82857


このほかにもたくさん魅力的なピンズ約600点入荷しています。


ピンズマルシェへ、ぜひ遊びにいらしてください♪


ニュースレター発行:ピンズマルシェ/マソン フランス 
担当:まそん あやこ
お問合せ電話/ファックス番号:078-767-3728
お問合せフォーム:http://masson.ne.jp/catalog/contact_us.php
オフィシャルブログ:http://blog.sacapapier.com/

A bientot sur http://masson.ne.jp


(15:30)

2012年03月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
35102

写真はピンズマルシェのピンバッジ、ダンストール1000、カワサキの黄色いバイク。
アドレスはこちら↓
http://masson.ne.jp?pins=35102








食事の時間、ポゥがいつもYouTubeで音楽をかけます。

今日はヘビーローテーションになっているDJポゥの選曲をご紹介しましょう。



一番のお気に入りは「Boney M」です。
http://youtu.be/9y5U7j7-piY

1970年代のドイツのグループですが、英語で歌っています。

曲がきれいなのはもちろん、何といってもダンスが天才すぎて目が釘付けです。

Boney Mのいろんな映像を何本も見ましたが、同じ曲でも同じ踊りを踊ってないようなんですよね。

いつもオリジナルで、「人を楽しませる」というのはこういうことなのだなとしみじみ思います。

衣装も凝っててすごいんですよ。


そして、うちでは外国語の音楽はこれくらいで、

あとは日本語の歌ばかりポゥが選びます。


まずは、五木ひろしの『暖簾』・・・
http://youtu.be/h2kiUwTQACE

・・・こんな古い歌、知ってますか?

何がポゥの琴線に触れたのか、もう何度も聞かされて、私も今ではカラオケで歌えそうです。


それから八代亜紀の『雨の慕情』
http://youtu.be/sayhPoMcOoQ

八代亜紀なら私も大好きなのでちょっとほっとします。私は『舟歌』の方がもっと好きですが。
http://youtu.be/dnLJiniCq74


というわけでなぜか演歌をいくつか聴いたあと、さらにブックマークされているオフコースに。
http://youtu.be/pjUKmsOtOtw

オフコースになると私の大してこだわりのない趣味からいってもちょっと微妙になるのですが、

そこから尾崎豊へと続くので、これではあまりにも暴走ではないかと、私としては実は困っています・・・

食事時のBGMにするには、なんか歌に魂が入りすぎてませんか?

でもポゥは尾崎が好きらしいんですよ。顔もきれいだって。
http://youtu.be/Xtsynpl_Uq4

「盗んだバイクで走りだ」されてもねぇ…

幸いにもポゥからもディディエからも歌詞の解説を求められていないので、今のところ助かっていますが。


なにか会話をすることで、尾崎の熱いメッセージから逃れようと、

「あっ今の部分、英語だったよね?」とか、

『Oh my littre girl』を聞かされながら、本当にどうでもいい発言をしてみたりして。
http://youtu.be/XrOvHNIi2rg


で、そう質問してみると、「えっ今の英語だった?」とディディエに聞き返されて、

そのあと何度も尾崎が「Oh my littre girl~♪」と歌っているのに、

「ほら!」と言っても、ディディエにもポゥにも全く聞き取れないことが判明して…


アメリカ人とかネイティブなら、きっと多分わかってくれるのでしょうけれど、

フランス人には通じないんだと、ちょっと面白く思いました。


そういうディディエやポゥの英語の発音は、恐ろしくフランス語訛りでわかりにくいんですけれどね。


ちなみにフランス人は「th」の発音ができないんですよ。


フランス人風の英語の発音をからかう定番の冗談で、

「Thank you very much」を「トンキュー・ヴェリー・ミュッシュ」と読むというのがあります。

※フランス人は「u」を「ユ」と発音します。「v」は日本人と違ってきちんと発音できます。


フランスでお買い物したときなんかに、

「メルシー」という代わりに「トンキュー・ヴェリー・ミュッシュ」というと、

もしかするとパリジェンヌの店員さんに笑ってもらえるかもしれません。未確認情報ですが…


と、このブログ記事を完成させるために、またYouTubeで『十五の夜』(尾崎豊)を聴いてしまい、

「なんぼなんでももうええやろ」とつぶやかずにいられませんでした。

(04:18)

2012年03月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
68930

写真はピンズマルシェのピンバッジ、女の子の赤ちゃん。
アドレスはこちら↓
http://masson.ne.jp?pins=68930









はじめの頃は、ともかく何事もなく、途切れてしまうことなしに最後まで妊娠期間を全うしたいということだけが願いでした。

体調不安になりやすい要因もあれこれ思い当たりますし、
最後の出産まで到達できるかどうかは神のみぞ知るとしかいえず、
神様にお願いするのもそのことだけだったのです。

そうして何とか7ヶ月まで順調に過ごせています。

それもこれも家族の協力なしにはありえません。
なにしろ家事はほとんど放棄してますし、
自分の足でうろうろ出歩こうという気もないですし。

緊急入院に備えてタオルやパジャマなど自分用の入院セットは早々に準備していましたが、
7ヶ月となって、いよいよ今度は赤ちゃんの分も早く用意してしまいなさいと、
看護婦さんや家族から言われるようになりました。
嬉しいことですね。

そうなると無事に赤ちゃんの顔を見られる確率がぐんと上がってきたわけですから、
どんな子が生まれるのか、話題もそっちへ移っていくわけです。

すると友人たちが気になるのは「顔」なんですよね。
「もう絶対かわいいわ、だってハーフやから」と口を揃えて言います。
性別は男の子でほぼ間違いないということなので、
どんな男前になるだろうかと、それが話題の中心です。

でもね、世の中そんなに甘くはないですよね。
「ハーフ=かわいい」という公式が必ず当てはまるわけではないことに思い当たるくらいには、
国際結婚もありふれてきています。
せいぜいのところ、勝率は高目でもしかすると5分5分ぐらいはあるかもしれない、という程度ではないですか。

家族は誰も「かわいいに違いない」なんて無責任なことはいいません。
やはり身の程を知っているということでしょう・・・


が、しかし、この前、神様に、「キアヌ・リーブスでお願いします」と頼んでいる自分にはっと気付きました。
無意識にそういう考えが浮かんできてしまっていたのです。

1091728667


願ってしまってから、これはちょっと高望みし過ぎたと思ったのですが、
お願いというのは心の中の出来事で引っ込めることができませんから、まさに後の祭り。


ディディエはロシアの「プーチン首相」似ですし、
20070320_337957
NO9


私は純和風の、目も鼻もごく控えめな「こけし」顔ですから、
1
images


それでキアヌは無理だろうと、自分で自分をすぐさま叱りつけました。
1072337251_72118b97b9


大体、あんなハンサムが生まれて、
「それで親は一体どんな顔なのよ」と道行く人が見上げてはがっかりした顔を見せるようになったら、
それはそれで辛そうです。

いつの間にか慢心していたようで、全く恥ずかしい。
初心に返って、変な気を起こさず、
ただただ安産のみを祈願するよう精進したいと思います。


(01:53)