2010年09月

2010年09月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
35831

写真はピンズマルシェのピンバッジ、トレンチコートのブタと映画のカチンコ。
アドレスはこちら↓
http://pinsmarche.com?pins=35831











六甲山中で夜の車道を歩いていて、その昔、学生時代に岩手の花巻へ旅行したことを思い出しました。


10月の末かそのくらいの季節で、関西地区はまだそれほど寒くなかったのですが、行き先は東北です。
きっと寒いに違いないと信じて、冬用の長いコートを着て行きました。


ところが東北は別に寒くありませんでした。


けれどもコートを脱いでしまうと、小さなコロコロの付いたスーツケースには入らなくて邪魔になりますし、
それに何も羽織らないのはさすがに寒く、
仕方がないので、コートを着たままで移動を続けることになりました。


花巻駅には夕暮れ時に着き、予約していたユースホステルに電話をかけて行き方を確認すると、
大体の道順を教えてくれた上で、不便な場所にあるので最寄りのバス停まで車で迎えに来てくれるとのことでした。

「バス停に着いたら一度、電話してくださいね」と、とても親切、丁寧なお返事だったので、すっかり安心してバスに乗り一番前の席に陣取って、ヘッドフォンで音楽を聴き始めました。


この音楽が間違いの元でした。


バスの一番前にある電光掲示板でずっとバス停の名前を確認していたのですが、うっかり見ていないときにバスが停まって発車し、電光掲示板の表示が次のバス停に変わる瞬間に、まさにそこが私の降りなければいけない停留所だったことを知ったのです。

音楽さえ聴いていなければ、ちゃんと車内のアナウンスを聞いてさえいれば…と歯がみしましたが、後の祭りです。


仕方がないので次のバス停で降りました。そのとき、素直にそこから歩いてひとつ前のバス停まで戻ればよかったのです。そして宿に電話をかければよかったのです。


ところが私はバス停を乗り過ごして無駄にした時間を挽回しようと、電話で教えてもらった宿への道を自力で探すことにしたのです。


降りたバス停からはどっちを向いても畑でした。バスに乗っている間にすっかり日が暮れていたので、大きな畑の向こうの方に、いくつか民家の光が見えていました。大体の見当をつけて、ななめ後ろ方向へ向かう道をスーツケースを引っ張りながら歩き出しました。


そのあとどういう道を選んだのかよく覚えていません。ともあれ行き交う人もいなくなり、だんだんと車道が坂道になっていき、そのうち両側の畑が終わって林になり、林がさらに暗くなって森になり、街灯もひとつもなくなりました。

月夜のでんしんばしらも歩き出しそうな人気のない真っ暗闇の中、車道の白い線だけを頼りにゴロゴロとスーツケースの音を響かせながら歩きました。

街灯がなくなったので、さすがに私も道を間違ったような気がしてきました。


ときどき向こうから車がやってきて、ヘッドライトに煌々と照らされ、眩しくて顔を背けました。

徒歩ではどこにも辿りつけそうもないような、暗い森のくねくね曲がる坂道を、一人でとぼとぼと歩いていて、きっとライトで私を照らしたドライバーは、私のことを幽霊だと思ったに違いありません。


あんまり人を驚かせるのも迷惑になるし、もういい加減に坂道を歩き疲れたので、恥を忍んで宿に電話することにしました。


けれどもそんな山の中で携帯電話はつながりませんし、このまま歩いても道は山の頂上に向かっていくばかりですし、もうずいぶん歩いてしまったけれど元の道を戻るしかないのかどうしたものかと悩みながらまだ先に進み続けました。

すると、向こうにぼんやりと浮かぶ明るい光が見えます。誰か人が住んでいれば道を尋ねられるかもしれないと、光に向かって急ぎました。ところが近づいてみると、そこには建物は何もなく自動販売機が一台あるだけでした。

ただその隣に、公衆電話もあったのです。


そんな辺鄙なところに公衆電話を設置してくれたNTTと神様仏様に感謝しながら宿に電話をかけると、私からの連絡があまりにも遅いので一旦車で迎えに出て、見つからないので戻ってきたという話で、すぐに行くから今どこにいるのと聞かれました。

どこもなにも私にもわからない真っ黒な森の中の道の上だったのですが、自動販売機が唯一の光を放って目印となってくれていたので、どうにか居場所を説明することができました。


しばらく自動販売機の灯りに励まされながら待っていたら、宿の車が迷わずに私の前に来てくれました。

宿のご主人にはすっかり迷惑をかけたのにもかかわらず、大丈夫?と心配してくれて本当に恐縮しました。


花巻の山道のドライバーさんたちも、驚かせてしまって申し訳なかったです。

もしかすると、花巻の山道に、寒くもないのに真冬のロングコートを着てスーツケースを引きずる長い髪の女の幽霊が出るという噂があるかもしれませんが、それは私ですから、もう怖がらないでください。

(23:15)

2010年09月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
28869

写真はピンズマルシェのピンバッジ、シャモニーの山を走る鉄道。
アドレスはこちら↓
http://pinsmarche.com?pins=28869











今日、夕方から、ちょっと六甲山に登ってみようということになり、

自転車で山に向かって出かけました。



delamer

海側から見た六甲山の写真。



六甲山は、家のすぐ近くです。

この辺りは山の裾野から海岸まで2キロもありませんから、

夜になって山を見上げると、山頂近くにたくさん明かりがついているのがよく見えます。


ディディエがいつも山の上に一体なにがあるのだろうと気にしていたので、

見に行くことになったのです。


とはいえ「山」ですから、登らなければいけません。

いくら近くても足で登るには夕方からでは無理なので、一番近いケーブルカーに乗ろうということになり、

自転車で「六甲ケーブル下駅」を目指しました。


でも六甲ケーブル下駅まで行くのにも、すでに急勾配の坂道があり、

自転車ではとても無理なので、途中で諦めてタクシーに乗り換えました。


そのあとケーブルカーに乗り、

六甲山上駅からは徒歩で、六甲山の中心地ともいえる六甲ガーデンテラスへ向かいました。


40分ほど歩いて夕暮れ時に到着したので、展望台から街を眺めていると、だんだんと明かりが増えていきます。


周りにお店もいくつかあるので、ときどき入ってウロウロしては、また展望を見に戻り、行きつ戻りつしていると、やがて完全な夜になって、チラチラと瞬く街の光の絨毯が完成しました。

遠くの伊丹空港へ向かう飛行機の灯りが、地面すれすれを流れていくのも見えます。


しばらく眺めて堪能したあと、また歩いてケーブルカーの駅まで行き、六甲ケーブル下駅からは、下り坂なのでタクシーには乗らず歩いて自転車のところまで戻り、自転車で走りながら、たまたま通りかかったラーメン屋さんでラーメンを食べ、それから家に戻ってきました。


直ぐ目の前の六甲山へ行って帰ってくるのに、合計何時間かかったと思いますか?


7時間です!

「飛行機だったらドバイ辺りまで飛んでるよ!」といいながらディディエは椅子に座り込みました。


もう本当に足が棒です。

(00:38)

2010年09月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
37665


写真はピンズマルシェのピンバッジ、オピネルのナイフ。
アドレスはこちら↓
http://pinsmarche.com?pins=37665








ゾーリンゲンのちょっといい果物ナイフを買いました。

「ちょっといい」といっても、本当にほんのちょっとだけなので、全然高いものではありません。千円と少しぐらいのものです。


食卓には、いつも果物ナイフが2本置いてありますが、ひとつは私用の日本製ナイフで、もうひとつはディディエ用のフランス製オピネルです。

食後の果物のときはもちろん、その他にもお皿の上でなにか切りたい時に備えて必ず置いています。

c7d81bf8.jpg

左から、ゾーリンゲン、白のオピネル、そして私の日本製です。



ディディエのオピネルの方は、いつから使っているのかわからないくらい古く、切れ味がかなり悪くなっていました。

本当は研ぐといいのでしょうけれど、そもそも研ぎ石を持っていない上に、かなり丸くなっているので研ぐのに時間がかかりそうで二の足を踏んでしまい、そうこうするうちに、前よりもっと状態が悪化して…


そんな中スーパーへ行ったときに、ゾーリンゲン製のナイフが目に留まりました。ゾーリンゲンですから品質は折り紙付きですが、値段がそんなに高くないし、なにより見るからにピンピンに刃が尖っています。それに形もディディエの好みにぴったりでした。

形は、よくある日本のナイフのように柄の手前で刃が飛び出しているものではなく、刃と柄が同じ太さでスッと続いているものでないと使いにくいといいます。

私の方はそんなことに頓着したことがなく、そんな違いがあることにさえ気付いていませんでしたが…


ともあれ何にでも一家言あってやかましいディディエの希望にぴったり合いそうなナイフが見つかって喜んでいました。


ところが、食卓に置いても、ディディエがオピネルばかり使って、ゾーリンゲンを少しも使おうとしないのです。

パンや梨を切るときなどに出しても、「こんなものを切ると刃が傷む」といって全然使い道がありません。

言いがかりをつけて、本当は気に入っていないのかもしれない…と思い始めていました。


でもそれは勘違いでした。最近イタリア産のハムのかたまりを買ってきて、ついにゾーリンゲンがデビューすることになりました!

ハムのような柔らかいものを切るときには、新しい尖った薄いナイフが最高に思う通り動いてくれるのだそうです。実はおそろしく気に入っていたのでした。


さて、気に入りすぎて滅多に使えないというのは、本当にいいナイフなんでしょうか?

(11:56)

2010年09月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
56834


写真はピンズマルシェのピンバッジ、ホンダのF1ドライバーだった時代のアイルトン・セナのヘルメット。
アドレスはこちら↓
http://pinsmarche.com?pins=56834








お元気ですか?

ピンズマルシェのアヤコです。


こちらはまだまだ連日、暑いです!!


前回お知らせしました「兵庫・川西の阪急百貨店」でのイベントは、明後日まで続いております。


9月14日火曜日まで

1階のスパゲティ屋さんの向かいに、ピンズマルシェの小さなブースがあります。


ちょっと不便な場所にありますが、

もしもお近くにお越しの際は、ぜひお寄りくださいませ*^^*


それでは今回も新着ピンズをご紹介いたします。


●猫
http://pinsmarche.com/?cat=181

イギリス製の澄ました猫がまたひとつ入荷しました。
http://pinsmarche.com?pins=57067


●牛
http://pinsmarche.com?cat=199

二頭の牛が頭をつき合わせた迫力のあるピンズ
http://pinsmarche.com?pins=56557


●フクロウ・ミミズク
http://pinsmarche.com?kw=hibou

目をつぶったフクロウも愛嬌があります。
http://pinsmarche.com?pins=56596


●アメリカ軍
http://pinsmarche.com?cat=416

蛇のアナコンダとドクロの大きなピンズ
http://pinsmarche.com?pins=56490


●キャラクター関連

スヌーピーとウッドストック
http://pinsmarche.com?kw=snoopy


ディズニーの豪華なピンズが増えました。
http://pinsmarche.com?cat=25

シンデレラ姫
http://pinsmarche.com?kw=cendrillon

美女と野獣
http://pinsmarche.com?kw=belle


タンタンはコミックの表紙シリーズが入荷しています。
http://pinsmarche.com?kw=tintin


●画家フォロンの描いたピンズ
http://pinsmarche.com?kw=folon


●映画・音楽関連

かわいらしいマリリン・モンロー
http://pinsmarche.com?pins=56812

ドアーズのジム・モリソン
http://pinsmarche.com?pins=56616

クイーン
http://pinsmarche.com?pins=56634


●柔道や空手など
http://pinsmarche.com?cat=327

テコンドーもあります
http://pinsmarche.com?pins=56669


●船
http://pinsmarche.com?cat=50

大きくて豪華なヨーロッパらしい船
http://pinsmarche.com?pins=56759


●船のモーター型
スズキ
http://pinsmarche.com?pins=56769

ヤマハ
http://pinsmarche.com?pins=56768


●ホンダのバイク二台
http://pinsmarche.com?pins=57056
http://pinsmarche.com?pins=57057


●ハーレーダビッドソンの天使の女の子をモチーフにした大きなピンズ
http://pinsmarche.com?kw=harley


●マイクロソフト社のソフトシリーズ
ウインドウズ・エクセル・ワード・MSDOSがあります。
http://pinsmarche.com?kw=microsoft


このほかにもたくさんのピンズが約850点入荷しています。


ピンズマルシェへ、ぜひ遊びにいらしてください♪


お問合せ電話/ファックス番号:078-767-3728
お問合せフォーム:http://pinsmarche.com/catalog/contact_us.php
オフィシャルブログ:http://blog.sacapapier.com/

A bientot sur http://pinsmarche.com


(20:09)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
c583184a.jpg



5cc79feb.jpg



6f071571.jpg




川西阪急のイベントの様子を撮影しようと思っていたのに、今日も終わって外に出てから思い出しました。

仕方がないので、阪急の建物とJRの駅を撮っています。

ついでに今日の微妙な曇り空も…

と、歩道橋の上をうろうろしていたら、目の前で電車一本乗り遅れました。
10分も待たないといけない…


(15:07)