2020年11月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201117_181137






 いたずらばかりするルイに、一度おかしなあだ名を付けたことがある。私としてはおもしろいと思って、何かいたずらするたびに使っていたら、ある日ルイが床に身を投げて泣き出した。突然のことでわけがわからず、どうしたのかと背中をさすって慰めながら話をきくと、違う名前に変えたいと泣きながら訴える。あだ名が嫌だったのだ。
 本当に悪いことをしたと思ったし、心から謝った。もうそんな呼び方はしないといって、実際、二度と使っていない。
 いじめというのは、いつ成立するものか油断もすきもない。私には自分がいじめられたという記憶はないが、それをもって、私をいじめようとした人がいなかったともいえないだろう。もしかしたらそんな人がいたかもしれないが、私は気付かなかった。
 人がいじめられるところは何度か目にしている。自分まで荷担しないようにしようとはしたけれど、助けることまではできなかった。
 小学生のとき一度、私の当時の親友が、クラスで一番の権力者だった女子に無視されるようになったことがある。それを親友から聞かされて私は一瞬で頭にきてしまって、そんならこっちだって無視してやると、私はその権力者とは一切、口を効かなくなった。
 こっちは2人で、相手は5人ぐらいのグループだったから、人数では負けていた。だが、いかんせん権力者の女子には人望がなかった。それまでにグループ内でも、順に無視したりして誰かしらいじめて遊んでいたから、私たちの側に寝返る人間がすぐに増えてしまったのだ。
 3日もすると敵側はリーダーと副リーダーだけになってしまい、リーダーが泣いて謝ってきた。無視しないで、と。いつの間にか私の方がいじめる側に入れ替わっていたのだ。
 私はそもそもそんなことやりたくてやったわけでもなく、まさかそんな簡単にリーダーが投降してくるとは思っておらず、つまらないし後味も悪いし、すぐに仲直りした。それ以来、そういう「目には目を」的な反撃をするのもやめてしまった。二度としていない。
 「いじめられても、いじめるな」という標語をルイのために編み出してみた。いじめられた経験をばねにして大人物になるというのはよく聞くが、いじめる側の方は、ただただ小物感が漂うばかりで嫌になる。
 それだけではなく、できたら、筋肉自慢のルイには、弱くていじめられている子がいたら助けて欲しいと過大な期待を寄せて、実は助ける方法も伝授している。
 誰かが不当に叩かれたりとかしていたら、「やめろおおおー」と大げさにいいながら間に入り、叩いてる方の子に回し蹴りをするというものだ。もちろん蹴りは当ててはいけない。回し蹴りというのは遠心力が働いて、かなりの破壊力なのだ。ルイの足ならなおさらだ。絶対に当ててはならず、できたら回し蹴りをしながら、そのままの勢いで転ぶのがいいと勧めている。
 そうしたらきっと、いじめていた方も何が起きたのかとあっけに取られるし、もしかすると大笑いにも持っていけるかもしれない。
 そういう作戦を立てて、ジャン=クロード・ヴァン・ダムの映画を見せ、華麗な回し蹴りを学ばせている。ルイはまだ上手にはできないが、ちょうどおもしろい感じにはできているようなので、このくらいの完成度なら充分役に立ちそうだ。














※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(10:00)

2020年11月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201117_154146





 学校から戻ったルイが、
「ママは、ポーランド人みたいに話すね。僕の友達のポーランド人に似てるよ、フランス語の話し方が」と急に言い出した。
「ママはポーランド人みたいに話すのではなくて、日本人みたいに話すの、日本人だから」
と訂正した。私はルイのようにはフランス語を話せない。
 フランスの小学校に、ルイはスムーズに馴染むことができている。フランス語が問題なく話せるのも大きかっただろう。フランス人だからフランス人のように話す。
 言葉の方は違和感なくとけ込めるのだが、顔つきはハーフらしく東アジア風のところも半分くらい。フランスに来る前はそのことでいじめられはしないかと恐れていた。低学年というとまだ、外見的なことを遠慮なく話題にしがちであるし。
 だが今までのところそういう兆候は全くみられない。もしもいじめられたら、「馬鹿だからそんなことするんだよ」と慰めてあげようと思っていたのだが。
 いじめられる側になるときには、ほぼまともな理由がない。タイミングだけだ。いじめっ子の方が急にそういう気分になる。私が子どもの頃はそうだった。
 いじめられて、それで学校へ行きたくないなら、別に無理に行かなくていいし、転校だってできる。ルイなら、どうせ日本に戻るのだから気にしないようにと励ます。世の中そういうこともあるからと。
 だけど何て言っていいのかわからないのは、ルイがいじめっ子の方になった場合だろう。そうなったら、酷く叱らなければいけないし、どうしてそんなことをしたのか追求もするだろうし、何が悪かったのだろうと自責の念とたたかいながら、お詫びの方法も考えなければいけない。加害者側になってしまったときを想像すると、気持ちが重くなる。
 だからいじめられるのはまあまあ時の運で仕方ないけど、誰かをいじめるようなことだけは絶対にしてはいけないと、これまでルイには何度も言ったような気がする。
 何しろルイは運動が得意で、筋トレも大好きで、もしかすると結構、腕力のある方になるかもしれないし、何もしなくても相手が威圧感を感じてしまう日がこないとも限らない。
 随分、親切にしてくれる友達があるものだと、いつもパンを買いに走ってもらってたら、実はそれはいじめになってたとか、あるかもしれないではないか。
 楽しそうに腕立てしたり腹筋を鍛えるルイを見ながら、そんなことを想像すると気が重くなる・・・・・・いつもではないけれど、もちろん。ルイのことを信じてるし。














※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(08:27)

2020年11月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201125_152940





 ここに滞在して1ヶ月半、知り合いもそろそろと増えていっている。ルイは特に。友達の友達とも友達になり、いつも公園で出会う子も仲間になる。最近はメガネをかけた男の子とよく一緒に遊んでいる。2学年上の5年生なのだが、背丈はルイと変わらない上に、多少ぽっちゃり系。スポーツ命のルイとは違って、その子は走るのもあまり早いとはいえない。大勢で鬼ごっこをすると、逃げ遅れて鬼になってばかりいる。まるっきり映画の中のような見たまんまのキャラ。

 ただ実は鬼ごっこは、ルイのように逃げ切ってしまうと、のちのち誰も追いかけてくれなくなる。どうせ追いつけないからと。だからルイよりも、そのメガネの友達の方がずっと楽しんでいるように見える。明るくておしゃべりで、ずっとルイにも話しかけ続けている。

 公園で遊んでいた他の子達がだんだんと家に帰っていって、最後、ルイとその子だけになった。ルイもそろそろ帰らないといけない。親御さんはどこだろう?と私は周りを見回したが、それらしき人物が見当たらない……というか、大人もほとんどいないから、年齢的に合っているのは男性一人のみ。でもきっと違う。すっと背が高くて黒いバスケットシューズもオシャレな感じで。ちょっと若すぎるようにも思うし。だがその人がだんだん遊具に近づいてくる……やはり、その人がお父さんだった。黒縁のメガネだけが、子供との共通点だ。これが、小柄でぽっちゃりキャラの男の子の将来の姿か……そういう設定の映画も結構あるよね、考えたら。












※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)


(07:26)

2020年11月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201124_083205






 この3日間ぐらいは1万人前後という平均値で、感染者数がやはり減ってきた。病院の方も落ち着いているようで、ついにロックダウンの段階的解除が始まることになった!
 まずは第一段階、11月28日土曜日から。お店がオープンする。ただしレストランなどはまだだめ。
 ともあれお店が開いても、みんなが移動できないと意味がない。そんなこともあって、移動距離は20キロに延長!外出時間は3時間!
 すばらしい!砂丘へ行ける!余裕たっぷりに。土曜日が楽しみ!
 アルカションは、実は湾になっていて、海の向こうに岸が見えているのだが、まだ行ったことがない。ロックダウンがなければ親戚が遊びに来ることになっていたから、一緒に渡ろうとずるずる先に延ばしていたら、行けなくなってしまったのだ。
 そしてこの向こう岸も、船を使えば20キロ以内。フェリーも土曜日から再開してくれるのかどうかが次の懸案事項だ。
 砂丘も再訪できて、向こう岸へも渡れたら、もう思い残すことはない。アルカション観光はコンプリートしたと納得できるのだが。




 今日の発表で、ロックダウン解除の第二段階についても一応の予定が明らかになった。12月15日からクリスマスのための移動が可能になる。もしも第一段階の緩和後に感染者が酷く増えなければ。
 増えないかなあ。それについては何とも自信がない。かなり身動きできるようになるし。多分、12月10日ごろに正式決定するのだろう。そのときまで、ディディエの実家を訪問できるかどうかは不明のまま。だけどもしも実家に行けなかったら、クリスマスはどこで過ごせばいいのだろう?ここのアパートは契約延長できないはずだし・・・・・・














※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(10:26)

2020年11月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201123_162840






 今回のロックダウンでは学校がそのまま開校されたのが何よりもよかった。ルイのフランス滞在が、友達を作ったり勉強をしたりと、より意味のあるものになるという個人的な理由でもそうだし、一般にも、家族とはいえ狭いところで朝から晩まで顔を突きあわすことで、殺伐とした環境に様変わりすることも結構あったり、子供の世話のために仕事へ行けなくなったりと、影響が多大すぎた。
 大学生だけは今回もリモートのままだったが、今更、勉強しなさい!とガミガミ親にいわれるわけでもなく、嫌ならひとり散歩でもして頭を冷やすこともできるし、そもそも家を出ていることも多く、家族関係にそれほどひどく影響はしないだろう。しかしフランスのー大学がこれほど長くリモートを続けられるのは、ひとえに学費が無償だからではないか。この調子で若者の交流をできる限り減らして、感染拡大を防いでほしい。今、一番、感染源となっているのは若者たちだから。
 それなのにスペインなんかでは、若者の「自由が欲しい」というロックダウンに反対する抗議活動が、10月末ぐらいにはあったらしい。ほんと謎。自由すぎるパーティ活動のせいで感染急速拡大してしまって、そしていよいよ自由がなくなって、罰金も科されて、それも若者たちを守るためなんだが、ロックダウンに大反対って、感染して死ぬ自由を謳歌したいってこと?しかも周囲を巻き添えにして?謎は深まるばかり。
 ともかくアルカションは、注意深い高齢者が多くてよかった。
















※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(09:38)

2020年11月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201121_170952






 フランスのコロナ感染者数、減ってる、減ってる。いよいよ半径1キロから外に出られる日も近づいてきた!
 ディディエは仕事でほぼアパートに缶詰状態だから、このロックダウンも悪くはなかっただろう。
 前回、ディディエに怒鳴り散らしてからは、すっかりケンカが減り、静かに過ごせている。ようやくディディエも自分の馬鹿さ加減が理解できたのかもしれない(毒舌)。
 ケンカになったら日本人は黙ったり無視したりすることが多々あり、日本人以外はそうでもない、という説を最近ネット上で目にした。確かに私もだんまりと無視は結構やった。
 なぜそうなるかというと、まず第一に、同じ穴の狢になりたくない!という、かなり崖っぷちの願い。何か言おうとすると、かなりの確率で、相手の低レベルに合わせた、最低レベルの言葉を言い返すことになりそうなので、そんな狢にだけはなるまいという、必死の抵抗。
 そして、そんな意味のない言い争いで体力も時間も消耗したくないという、節約指向。
 しかしそんな気持ちで黙っていると、こちらの上から目線に相手もなんとなく気が付いて、「偉そうにしやがって」と火に油を注ぐことになる。
 こうして険悪な状況がどこまでも引き延ばされてしまうのだが、それではこの先やっていけない。
 というわけで、こっちも相当頭にきているにも関わらず、可能な限り冷静にどんなに相手が馬鹿なのか、懇切丁寧に説明する。このとき、人情に訴えたり浪花節的に説得しようとすると、空振りする。
 こうしたことを前回、試したわけだが、結構よい効果があり、割と穏やかな日々が過ごせている。いつまで保つかはわからないが。
 いずれにしても、結婚して他人と同居することになる場合、事前に百パーセント大丈夫な相手なのか確認するのは難しい。どうしても、きれいに取り繕ってあった部分がボロボロと剥がれ落ちていくことになる。だがたとえそうなったとしても、共有する空間を、自分が気持ちよく暮らせる場所にできるなら、どのような形の共有であろうと、同じ音楽が好きにならなくても、同じお笑いで笑えなくても、別にどうってことないのだろう。














※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(20:17)

2020年11月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201013_190135






 マクロン大統領が11月24日火曜日にテレビにお出ましになり、コロナ最前線の大本営発表をされるということで、いよいよロックダウンの緩和が近付いているらしい。
 こちらでは大統領が、重大な局面にあるときに限り、テレビで国民に直接かつ一方的に語る風習がある。大統領によって、回数は多かったり少なかったり。多分、マクロンさんは多い方。登場時に国家が流れて、マクロンさんはエリーゼ宮の、あれは執務室なのかなあ、机の前に座ってお話をされる。後ろにはフランスの国旗なども置かれている。
 語りかけが終わると、最後には、「ビブ・ラ・レプブリック、ビブ・ラ・フランス」の決めゼリフが必ず付く。意味は、「万歳、共和国、万歳、フランス」というような訳になるが、「バンザイ!」と雄叫びをあげるような雰囲気でいうのではなく、淡々としかし敬意を込めて。
 日本にはないものであるし、どうしてもワクワクしてしまい、見逃したくなくて必死になってしまう。最新情報だから、リアタイじゃないと意味がないし!
 自分でもなぜなのかわからない。私ほど一生懸命、画面を見つめる視聴者は、何でも批判的なフランス人にはなかなかいないだろう。
 最後「ビブ・ラ・レプブリック、ビブ・ラ・フランス」と私も一緒に口に出して締めるのも、お約束だ。いつ終わるかわからないから、タイミングを逃すまいと、話ももう終わりそうな流れになってくると、一層、画面に釘付けになる。そして番組が終わった後は、何かに成功したような満足感でいっぱいになる。
 何でこんなに惹きつけられるのか、自分ではどうしても分析できない。何で一語一句ききもらすまいと食い入るように見てしまうんだろう?あの大仰な芝居がかった感じが楽しくて仕方がない。どうしてなのか誰か分析してくれないかな。














※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(10:15)

2020年11月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

近所のおもちゃ屋さん
IMG_20201119_172029






 アメリカ発のブラックフライデーという風習は、日本では根付いていたかどうかよくわからないのだが、フランスではここ数年ぐらいで、すっかり浸透しているそうだ。
 ブラックフライデーというのはある種のバーゲンであり、11月の末に大安売りをしてお客さんは爆買いする。アメリカの場合は、感謝祭のあとの売れ残りを一掃するセールであるし、フランスの場合は、クリスマスプレゼントを安く買うことのできる唯一のチャンスとなる。
 日本では年中いつでもお店が好きなときに好きなようにバーゲンをするので、ブラックフライデーとかいわれても存在感を発揮するのが難しいが、フランスでは違う。というのもフランスのバーゲン時期は政府が決定するのであり、冬の場合は必ず1月に入ってからなのだ。自由のない国、フランス。
 クリスマスプレゼントをクリスマスに渡したい場合は定価で用意するしかない。もしくは、ブラックフライデーに買ってしまうのだ。クリスマスまでにまだ1ヶ月あるけれど。
 というわけで本来なら27日金曜日がブラックフライデー、お店が大黒字になる金曜日だったはずなのだが、今年は・・・・・・ロックダウン。小売店がほとんど閉まっている・・・・・・となると通販を導入していない店は軒並み大打撃を受けてしまう。
 だがそうはさせじと、今年は12月4日に日程変更することが決まった!閣議決定!またも政府が決める。パターナリズムの国、フランス。
 でもさ、12月1日にロックダウンを解除できるかどうか、今のところわからないというスタンスだったと思うのだが、ブラックフライデーを12月4日に変更ってことは、それまでにお店は再開できるってほぼ決まりなのだろうし、お客さんが行けないと困るから可動距離もそれなりに伸ばすっていうことで、そう解釈してしまっていいのかな?そういうことで、半公式発表?
 砂丘にまた戻れそう!












※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(09:51)

2020年11月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201117_153349






 昨日アパートの玄関先で、同じアパートの住人らしき年上のマダムに、「あなた、中国人?」と尋ねられた。 
 「いいえ、日本人です」と返事をすると、あらそう、といった様子でうなずき外へ出て行った。
 フランスでみんなが一番よく使うタイプのマスクはかなり大きく、私の場合、帽子を被ることも多いので、本当に目だけしか見えない。目力だけで充分アジア系だとわかる顔立ちだが、それがためにここで、「あなた、フランス語、わかりますか?」みたいな質問を受けたことはない。普通に話しかけられる。あまりにもさりげなく会話が始まるので、何を言っているのか聞き逃すこともしばしば。
 「私、フランス語、みなさまのご期待に添えるほどわかるとはいえません」と言い訳したくなるが、どうせそんなに重要なことを言っているわけではないと思うし、ただの通りすがりの質問だし、うんともううんともわからないような返事をして、やり過ごすこともある。
 そうすると相手は自分の都合に合わせて解釈するようで、なんとなく納得したような雰囲気で去っていく。それで終わればそれでいいし、さらに話があるのなら、会話をするうちに、だんだんとさすがの私も相手が何を知りたいのか理解するし、それなりに正しい回答もできるようになっていくのである。 
 つまり、めっちゃ適当。
 ただ住人のみなさんはきちんとした話し方をする人がとても多く、それはもうちょっと見習わなければと反省しており、今後の目標としたい。具体的には、会話の中に、「マダム」とか「ムシュー」という言葉を織り交ぜることだ。
 相手は私が普通に会話できるものと信じ込んでいるようなので、それに対していつでもぶっきらぼうな返答をするようでは、全く失礼ではないか。結局、片言がばれるとしても、丁寧な片言の方が、ただの平板な片言よりも、ずっといい。
 きちんとした、めっちゃ適当な返事。これを今後1ヶ月の間にマスターしたい。








※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(11:32)

2020年11月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201118_181129
IMG_20201118_181003
IMG_20201118_180928






 月曜日は新規感染者数が1万人以下になり、ひょっとすると12月1日のロックダウン完全解除も夢ではないかも!と浮かれたのもつかの間、翌日は4万人越え・・・・・・
 月曜日にちゃんと数えなかったのか!月曜日分と足して2で割ると3万弱で、その数日の3万人前後という人数と変わらなくなる。
 水曜日の発表がどうなるかにもよるけれど、まだまだ3万人前後という水準なのかもしれない。
 ただニュースによると、12月1日には多少緩和されそうなので、私のプチ夢である砂丘行きが可能になることを願う。半径10キロ以内の移動と、2~3時間の散歩時間を、私達にください・・・・・・(※現在は半径1キロ、1時間以内)
 というか、田舎と都会を区別してほしいなあ。私がそういうと、田舎を優遇したりすると田舎に人が流れ込んで感染が広がるから、とディディエは厳しい顔をする。けれども田舎は広々してるから、まだまだソーシャルディスタンスが取れるし、感染者がやってきても、めちゃくちゃに感染が広がるとも限らないのではないかな。
 しかしそれにしても3万人前後では、全面解除の日は遠そうだ。何もなしのクリスマスが、いよいよ現実味を帯びてきたかもしれない。 














※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)



(09:06)