2020年12月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201226_162110




 あともうちょっとだったのに!
 入国の際の手続きが厳格化されてしまった。コロナ変異種騒ぎの余波だ。飛行機の離陸から72時間以内にPCR検査を受けて、その結果を入国審査のときに提示しなければならなくなった。
 あと3日出発が早かったら、そんなことしなくてよかったのにー!イギリスの悪口をいってるのが聞こえたのか?だけどあれはフランス人が大体考えそうなことをいったまでなのだ!
 面倒くさいことになってしまった。29日に初めてのPCR検査を受けてくる。仕方がない。
 ほとんど家にいるし、しょっちゅう手荒いしてるし、お店にまれにいくときには出入りの2回とも消毒してるし、マスクは家の中でもしてるし、ルイのいとことか若者が遊びにきても、みんなマスクのままだし、くっついて座ったりしないし、いとこたちみんなも夜遊びとは無縁に過ごしてるし、食事は同居の5人でしかしていないし、ソーシャルディスタンスも気をつけてる。家族の誰も体調は悪くない。私も。
 だから陰性になる要素しかないし、陰性の証明書がもらえるはず!そのはずだー!
 といっても思う通りにならないのが病気というもの。粛々と検査を受けるしかない。












※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(10:44)

2020年12月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201226_162307


 フランスはそもそも日本に比べると失業率が高く、特に若者の失業は社会問題にもなっている。
 身内の20代でも、働いていないとか、もうすぐ辞めるとか、かなり転々としてるとか、そういう話題には事欠かない。
 仕事がぜんぜん見つからないわけではないが、内容に興味が持てなかったりすることも頻繁で、学校に戻って教師になる、と決めたルイのいとこもいる。
 今年いっぱい、アルバイトのような仕事をしていたが、来年からはおもしろそうな仕事ができると決まっているポールは、今度こそ長続きするといいのだけれど。前回、彼女のコネで入社したところはすぐに辞めてしまった。なんとなく違うとかいう理由だと人づてに聞いて、そんな理由?大丈夫なの?と不安を覚えたが、コネだけに本心はなかなかさらけ出せなかっただけかもしれない。
 短期間で辞めていても、いくつか仕事をすると、失業保険の受給資格ができ、しかも割と長期でもらえる。ポールの場合はすでに1年間は働かなくても大丈夫なのだそうだ。コロナがあるから、ひょっとするともっと長くもらえるかもしれない。
 資格があっても受給しないでアルバイトを続けてきたが、最低賃金しかもらえないから、失業保険より月150ユーロくらい多いだけなのだそうだ。
 そんな話を聞くと、もう全く働かない方がましだと思う若者がいっぱいいても、責める気になれない。
 それでもがんばったポールは偉い。一緒に暮らす彼女が銀行員であるし、なーんもしないというのも格好がつかなかったのかもしれない。立派だ。超美人で気だてのよい彼女がいるだけのことはある。












※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(11:40)

2020年12月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201225_144428



 クリスマス、フランスでは24日まで仕事をして、それからバカンスが始まり、お正月がくるとバカンスは終わる。
 もちろんそうではない人も大勢いるが、定番としてはそんな感じ。
 クリスマスイブは家族と過ごす。身内ばかりとはいえ、ちょっときれいな服装に着替えて食事をする。
 翌日のクリスマスもご馳走が続いて、親戚を回ったりする。これも晴れ着。日本でお正月に着飾って初詣へ行ったりするのと同じ。
 ただ今年は、いつも食事を共にしている義父母、ディディエ、ルイ、私の5人だけだったから、服装も全くとまではいわないが、ほとんど普段と変わらず。
 だからルイの従兄アレックスとその彼女のクロエがクリスマスのご挨拶に来てくれたときには、クロエのスカートがあまりに短いのに驚いて、「寒くない?大丈夫?」と反射的に尋ねてしまった。
 口に出してからはっと気付いたのだ。つまり、二人がハレの日の服装で来てくれているってこと。油断しすぎて忘れていたのだ。いつものクロエはジーンズとかなのだけど、クリスマスにおしゃれをしてたっていうのに・・・・・・あまりにも典型的な年寄りくさい反応をしてしまって・・・・・・本当に、せっかく髪型もゴージャスだったし、明らかにきれいにして来てくれたのに、申し訳なかった。












※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(11:12)

2020年12月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201224_200809




 よかった、よかった、ブレグジットは軟着陸しそうで。変異種さわぎがなかったら、もしかすると合意なしもありえたかも。
 そもそもコロナのせいで、どこもヨーロッパは経済がボロボロで、あちこちの天狗の鼻がへし折れてしまって、協力のありがたみが身に沁みた。


 日本はコロナと共生っていう考えで、GO TOもやっていたけど、共生はめっちゃ難しい。マスク、手洗い、ソーシャルディスタンス、この3つさえ守れば共生できる、というのは、本当なのだろうか。それなりに有効なワクチンをこの3つに加えると、もう無敵、心配なし、コロナ前に戻って大丈夫、となるだろうか。
 来年も一年、考え続けないといけないのかもしれない。 


 クリスマスイブ。今年は最大6人までしか集まれないと、フランス政府のお達しがあって、ちょっとさみしい。でもみんな無事で元気だから、問題ないかな、今年は。










※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)


(04:28)

2020年12月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201223_192055




 イギリスの惨状がすごい。スーパー買い占め騒動や、生鮮食品の品切れ。
 そもそもイギリスには、野菜とか果物とかの、国産作物がほとんどないらしいんだよね。
 シティーのお金さえあれば、そんなの作らなくっていいよ、という考えだったのかな?もちろんフランスに比べると土地は痩せてるから元々のポテンシャルは低いけど、でもシベリアのように凍ってるわけではないし、全く何にも採れないというほどではないし。
 漁場には困っていないから、フィッシュアンドチップスだけなら不自由しなさそうだ。ジャガイモは作ってるそうだから。
 そんなわけで、お金があっても、食べる物がないというそんな日がロンドンにやってきてしまったから、ブレグジットでEUに譲歩する日も連れだっておとずれたかもしれない。
 そもそもEUが不戦の誓いのためにできたことを考えれば、「離脱する」なんて人として絶対に口に出してはいけない部類のことなのだ。それを公言してはばからなかったのは、イギリスがいつでも好戦的で、他人の戦争で漁夫の利をむさぼってきた歴史を振り返ってみれば、まあ、ありだな。
 そうかそうか、漁夫の利が忘れられないだけに、漁夫なのだな、イギリスは。だからブレグジットでも漁業権だけは譲れないと(笑)
 もう漁夫は完全引退すべきときだというのに。














※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(12:09)

2020年12月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201212_112314




 クリスマスイブがいよいよ明日にせまった。用意はいい?
 日本にいたら、それなりになんとなく過ぎていくだけの日だが、こちらでは違う。お正月と同じ存在なので、どう過ごすのかをずっと前から計画している。誰と一緒に?どこで?何を食べる?
 しかしルイの関心事は一点のみ。サンタさん一択。
 実は祖父母の家に向かう車の中で、サンタさんは「パパなんでしょう?」とルイがパパに尋ねた。とっさのことにパパがごにょごにょいってごまかすと、ルイはやっぱりそれ以上は追求しなかった。
 きっと学校の友達がそう話しているのを聞いたのだ。ただまだ質問が疑問形になっているから、確定的にはなっていない。
 祖父母の家に到着したとき、真っ先にルイはクリスマスツリーを確認して、てっぺんに星が付いていない!と気付いた。祖母に去年まで付いていた星はどこへやったのだと詰めよると、祖母は、今年は違う飾り付けにしたのだと説明した。
 ルイにしてみれば違うかどうかなどはどうでもよい。星だけが重要だ。ポイントがわからない祖母がなかなか答えてくれなかったが、星はどうしたのかとルイは何度も食い下がり、去年付いていたものとは違うけれど、星なら戸棚の一番上の箱にいくつか入っている、踏み台がないと取れないところだ、と情報を得た。
 横で話を聞いていた私がルイに、「まだクリスマスイブじゃないし、あとでパパに付けてもらおうよ、もう晩ご飯の時間だし、星は明日でもいいんだし」と話しかけたが、全く耳に入っていない様子で目の前を素通りし、パパが車を庭に停めたあと地下室から家に入って登ってくる階段まで走っていって、パパを捕まえると戸棚の前に連れて行き、取って欲しい箱を指さし、すぐに中から一番よさそうな星を選んで取り出すと、そのままパパをツリーの前まで引っ張っていって星をぶら下げてもらった。
 最優先課題をクリアして、ルイはやっと安心したようだった。
 ツリーに星がないと、サンタさんへの目印にならないのだ。まだ「もう信じてない」というわけではない。














※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(11:33)

2020年12月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201221_154854




 イギリスがコロナ変異種とブレグジットでさんざんな目に遭いそうだ。唯一トンネルでつながっている国フランスが鍵になる。
 ブレグジットが目前に迫って、トンネルを通ってトラックがいつも以上に行ったり来たり。事態がそれなりに落ち着くまでの間、搬入を減らしても大丈夫なよう備えているのだそうだ。
 ただ運ばれるのは、そういった急ぎではない当面不要なものだけではない。食料品も行き来している。そしてトンネルの大渋滞のせいで、生の食べ物がだんだんと腐っていったりもしているという。
 合意なしのブレグジットに向かって今のところほぼ一本道しかなく、コロナで国境封鎖となった上に、新鮮味のない食べ物しかない、となったらどうするのかな?物価も上がりそうだし、極端な買い占めだってあり得なくはない。
 そうなったらイギリスはEUにちょっとくらいは頭を下げようという気持ちになるのだろうか?無理か? 














※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(11:10)

2020年12月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201221_015303






 感染者数が減っていかない中、クリスマスに向けて、人の移動を自由にしたフランス。2週間に一度ほどのペースで10月末から対策が変更され発表されているが、イギリスのロックダウンが強化された現在、フランスはこのままクリスマスを迎えられるだろうか。2週間を待たずに、対策を強化することはないだろうか。たとえば明日。
 しかしテレビ演説で大号令をかけるべきマクロン大統領は、自身がコロナ陽性で体調を崩している。一昨日はテレビ会議をする様子のニュース画像が流れたが、明らかに具合が悪そうだった。あれでは演説はできないだろう。
 演説どころか、もしもしっかりとした決断さえもできない状態ならば、コロナ対策を変更することも不可能だろう。イタリアでも発見されているらしいコロナ変異種がフランスに上陸していないとは考えられないが、感染者数の増加を座して待つだけなのか。
 コロナでマクロン大統領も完全にとどめを刺されたかもしれない。ここまで信用をなくしてしまえば、2022年に再選される可能性は低い。
 元々、消去法的に選ばれた大統領だった。極右党首との一騎打ちになってしまったから、国民はマクロンさんに投票せざるをえなくなったのだ。しかしその結果がこれでは、「べつになんなら極右でも良かったんじゃん、こんな調子なんだったら」という総括になってもおかしくはない。
 年末に向けて、だんだんと終息していくかなあという淡い期待は、どうやら英国発で裏切られそうだ。変異種が世界中を席巻しないことを祈る。
 














※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(09:54)

2020年12月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201218_083126




 車で走りに走り続けて、ディディエの実家にたどり着いた。
 家に入る前に、ディディエがマスクをするというので、ルイと私も。数日間はこうして過ごすらしい。テーブルも大人数用の方を使って食事する。
 本当はディディエとしては、薬局で頼める簡単なものでいいから、PCR検査もしたかったそう。ただ一番、世間様と接触している肝心のルイ検査が、薬局ではできなかった。子どもの検査はどこででもできるわけではないらしい。
 ディディエの検査に合格するのは、国のものよりもずっと難しいに違いない。
















※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(09:47)

2020年12月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20201218_163451



 なんか卒業式みたいな気分になってしまう。たった数ヶ月だったのにね。
 迎えにいって、ルイの教室のドアをじっと眺める。時間がきて、子どもたちがぽつぽつと出てきはじめた。いつもルイは2、3番目には出てくる。ドアに席が近いのだ。
 4人、5人・・・・・・8人・・・10人、そこまで数えても全然ルイの姿が見えない。
 結局、ほとんど最後の方、モアメッドが出てきて、その次の次くらいにやっとルイ。
 いつもよりも片付けに手間取って、モアメッドが手伝ってくれたという。ルイが一番の友達だと言ってくれていて、日本に帰らないでほしいのだ。
 出会いと別れ。担任の校長先生との面談のときも、先生に、いつ戻ってくるの?小学生の間にはまたフランスの学校に戻る?と尋ねられた。ディディエがわからないと答えると、高校くらいで戻るのかしら?とさらに先生は質問を重ねる。
 でも全くわからない。
 先生は、「そうね、どうなるかなんて誰にもわからないわね」と続けてから、ルイの方を向いて「誰でも、そういうものなのよ」とルイを励ました。
 ルイも寂しいけれど、でも今は、みんなにちゃんとさようならを言えたからよかったと、すっきりした顔をしている。そうしてけじめを付けて気持ちを整理できる性格なのだろう。
 それを見ていると、私の方がぐずぐずしている気がした。仲のよい誰かと別れるときには、なるべくまた会えると信じて、なんなら明日にでも、その必要があるときにはいつでも、また前みたいに一緒に過ごせるのだというふりをしないと、とても足を踏み出せない。公園で夕方、友達に手を振る子どもたちみたいに、何でもないような顔をしたいから、なるべくちゃんとさようならなんて言わないようにしたいのだ。
 ルイは勇敢だな。












※ピンズマルシェは通常通り営業中です。サイトでご購入商品の発送もいつも通りのスケジュールで行っております。


※※カフェと雑貨の実店舗Midiも通常通り。
定休日:月曜・火曜
営業時間:平日14時~18時(ラストオーダー) 
土日祝12時~18時(ラストオーダー)

(09:31)