2017年08月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
257e80af.jpg

2a41b464.jpg

どこかである盆踊りに参加中。

来週も楽しみだな~

子ども向けに、くじ引きとかビンゴゲームもあるけれど、ルイは連敗中。もう当たる気がしなくなってて盛り上がらない。

金魚掬いで手に入れた黒い出目金は死んでしまった……せっかく金魚のエサも買ったのに(泣)


(22:14)

2017年08月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
67ad9c7c.jpg
3連休の週末は、なんかまだぼーっとしていたルイ。昨日あたりからようやく調子が出てきたような……

時差ぼけよりも、文化の差に適応するのに時間がかかっているような気もし始めた。赤ちゃんの頃にはなかったことだ。


言葉の面では、日本語もフランス語もよく話せるようになっている。フランスにいる従姉の一人が、夏休みのバイトで保育園の子どもたちの面倒を見ていて、担当がたまたま5歳児だった。ルイのフランス語は遅れてるのかどうか心配だったので尋ねたら、「フランスに住んでる5歳児でも、こんなに話せない子はゴロゴロいるよ」ということだった。実際、ルイは話好きで、10人くらい食卓についてるところで、一人で10分ぐらい、その日にあったことを話していたりもする。フランス語で。


でも例えば朝食ひとつとっても、日本とフランスは違う。同じ牛乳と呼ばれている飲み物でも、味が違う。どちらが不味いとか美味しいとかいうわけではなく、違う。フランスではココアを入れて飲んだ方が子ども向けの味になる。毎年そうなのだけれど、フランスに到着したばかりのときは忘れてしまっていて、日本式でそのまま飲もうとする。すると美味しくないように感じて残してしまう。

フランスでは、薄く切って軽く焼いたパンに、手作りジャムを付けて食べる。でも日本に戻ると、いわゆるフランスパンは焼くと硬いし、ジャムは市販のものしかない。食パンにすると味がさらにかけ離れてしまう。


パピパミの家では、畑にしている庭があるし、害虫も多いから、虫を見ると躊躇なく殺す。でもママは、何にも悪いことしない虫は殺してはいけないという。


なにか返事できないことがあったら、フランスでは肩をすくめてみせたり、「プッ」と唇で小さな音を立てて応えることがある。ルイもそうする癖がついた。


日常の小さなこと一つひとつが小さくずれる。それをフランスと日本で、パパとママの間で、毎回、微調整していかなければいけない。二つの国の子どもとして生まれるというのは、そういうことなのだった。


(10:58)

2017年08月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
270932

写真はピンズマルシェのピンバッジ。演説。
アドレスはこちら↓
http://masson.ne.jp?pins=270932









お元気ですか?


お盆ですね。神戸は暑くて暑くて……
ぐったりしてしまって時差ボケもなかなか治りませんでした。
実は今年は神戸港の開港150周年なので、記念事業がいろいろあって、
花火大会も盛大だったようなのですが、時差ボケで行けなかった……

でもまだこれから毎週末、夏祭りがあちこちでありますから、
元気に参加していきたいと思います。


では、本日も新入荷の商品のご紹介です!


※新着の全商品をご覧になる方法を下記にご説明いたします。
ご存知の場合は読み飛ばしてください。
===========================
まずは↓ピンズマルシェにアクセスします。
http://masson.ne.jp

トップページには最新の商品100個が表示されています。

101個目以降は、トップページの右下にある、
「次へ」のアイコンをクリックすると順番に表示されます。
http://masson.ne.jp/catalog/products_new.php?page=3

それぞれの小さな写真をクリックすると、
大きな写真のページへ移動することができます。
===========================


●猫
http://masson.ne.jp?cat=181

動物の餌フリスキーのもの。猫のシルエット
http://masson.ne.jp?pins=271054


●ブローチ
http://pinsmarche.com/catalog/advanced_search_result.php?keywords=%A5%D6%A5%ED%A1%BC%A5%C1&cvieww=5

魚をくわえるペリカン
http://masson.ne.jp?pins=271503


●コカコーラ、めずらしいものも入荷しています
http://masson.ne.jp?cat=33

レトロな味わいの気球
http://masson.ne.jp?pins=271229


●腕時計、久しぶりに増えました
http://masson.ne.jp?cat=127

シチズン
http://masson.ne.jp?pins=271368


●バレエ
http://masson.ne.jp?cat=332

ネズミたちが踊る
http://masson.ne.jp?pins=270937


●テニス
http://masson.ne.jp?cat=169

ラケットの紋章
http://masson.ne.jp?pins=270954


●スキー
http://masson.ne.jp?kw=ski

昔のスキー服がかっこいい
http://masson.ne.jp?pins=270983


●紋章
http://masson.ne.jp?cat=303

ポリネシア
http://masson.ne.jp?pins=271074


●お城
http://masson.ne.jp?cat=255

アルザスのオークニスブール城
http://masson.ne.jp?pins=271392


●トヨタ
http://masson.ne.jp?cat=150

フィル・コリンズのコマーシャル
http://masson.ne.jp?pins=271205


●テニス
http://masson.ne.jp?cat=169

ウインブルドン
http://masson.ne.jp?pins=271242


●オリンピック
http://masson.ne.jp?cat=160

ロンドン五輪のものが出てきました
http://masson.ne.jp?pins=271511
http://masson.ne.jp?pins=271555


●食品の魚やお肉
http://masson.ne.jp?cat=279

パリのマルシェ
http://masson.ne.jp?pins=271390

この他にもめずらしいピンバッジやブローチが入荷しています。


合計約720点。

ピンズマルシェへ、ぜひ遊びにいらしてください♪


ニュースレター発行:ピンズマルシェ/マソン フランス 
担当:まそん あやこ
お問合せ電話/ファックス番号:078-855-6266
お問合せフォーム:http://masson.ne.jp/catalog/contact_us.php
オフィシャルブログ:http://blog.sacapapier.com/

ニュースレター解除の際は、
ピンズマルシェのアカウントにアクセスしたあと、
アカウント情報をクリックしてご変更ください。
もしくは、お問い合せより、ご登録のメールアドレスと解除のご希望をご一報くださいませ。

A bientot sur http://masson.ne.jp


(18:59)

2017年08月13日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
8173b322.jpg
今年、第一回目の夏祭り。わーい!

私、実は人生で一度も金魚が掬えた試しがない。だから私のサポートするルイにも掬えるような気がせず、水面ギリギリにお椀の縁を接近させてスタンバイ。はっと気づいたら黒い出目金が一匹、入ってた!でも見てなかったの、入るところは。だれかビデオ撮影してたら、もしかすると不正行為が映ってるかも(幸いにもディディエはビデオの操作に手間取って証拠画像は残していなかった)。ルイが初めて黒を追い詰めてきたとき、このチャンスを逃すまいとあんまり前のめりに乗り出したので、お椀を水に沈めてしまってたかもしれない。

自治体のお祭りで、テキ屋は入ってなくて店番は近所の高校生。なーんも見張ってないし。私の隣にいたお母さんも、娘さんの手元をコントロールするのにいっぱいいっぱいで、人のことを見てる余裕はなさそう。誰にもバレてないようだったけれど。


ともかくルイは金魚を一匹、それも大好きな黒!を家に持って帰ることができた。


(08:32)

2017年08月11日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
戦闘機の形をパパに型どってもらって、ぬり絵。次回は自分で型も描くそうです。
595170bd.jpg



さて、昨日の続きです。

翌朝も、ディディエは浮かない顔を続けていて、私は私でディディエのお天気屋ぶりにうんざりしていました。気分のアップ&ダウンが急激すぎるし頻繁すぎるし、こんなことが一生続いたら、もう本当にやっていけないと。

それから2日ほど仕事も忙しくて、顔を合わせない時間も長く、その間にディディエもいろいろ考えて、態度をちょっと軟化させているようにも見えました。ともかく悪くはなっていません。ところが夜になって、時差ボケもまだあったんだと思いますが、ケンカのストレスも合わさって、よく眠れなくなったらしいのです。

うちでは眠るときは、和室に布団をくっつけて敷いて、川の字になって寝ています。日本式です。ルイが生まれたばかりで夜泣きしていた頃からの習慣で、楽ですからね。フランス式だと、ルイだけ個室に一人で寝かせて、泣き声が聞こえたら何時であろうとベッドから降りて様子を見にいくことになります。疲れて切っていたらきっと泣いているのに気付かなくてルイがかわいそうだし、私もいちいち起き上がるのは辛い……だからずっと日本式です。ディディエは今でもときどき日本式を不満そうにしていますけれど。

だから、ディディエがその日、眠れなくて何度も寝返りをうち、その横で寝ていたルイも、目こそ覚まさないもののゴロゴロ左右に転がり始めて、ついには私も起きてしまいました。

トイレに立って時計を見ると、夜中の3時です。次の日、保育園があるのにルイが充分に眠れないと困ります。まずはルイを抱き上げて壁側に移動させ、私が真ん中になって寝ることにしました。

まだまだ眠くて眠くて、何度も眠りに落ちるのですが、その度にディディエの寝返りで目を覚まします。わざと起こしているのではないかと疑うくらいに。ついに夜が明けてきてディディエは諦めて布団から出て、朝食の支度をすることに決めたようでした。ところがカーテンを開けるのも乱暴で、食器もわざとのようにガチャガチャと音を立てさせて扱うので、なんで起こそうとするのだろうかと、布団の中で私はまた怒りを新たにしました。でもいかんせん眠いので、ディディエが寝室から出て行ったのを幸いに、まとめて眠ることにしました。といっても2時間くらいのことです。

いつもの時間に目覚ましが鳴って、私もルイも起き出しましたが、ほぼ全く眠れなかったらしいディディエは、コンピュータの向こうにいて挨拶もしません。その後、入れ替わるようにして布団に入って寝てしまいました。

ルイは、パパがいくら話しかけてもろくに返事をしないので、何度か寝室に入っては、寂しそうな顔で振り返りながら出てきます。

保育園に行く時間になって、ついにルイは泣き出してしまいました。「パパとお話ししたい、保育園に行きたくない」と。いつもは「行ってきます」の挨拶をするのに、パパが玄関まで送りに出てきて、そこで5分ぐらい話し続けることもあります。長すぎる挨拶で、余計に遅刻することも稀ではないというのに、その日パパは布団から出てこないまま。

玄関から出てこようとしないルイを、「パパは朝から仕事してて眠いから、そっとしておいて」とか「お迎えはパパにいつもより早く行ってもらうから」とか、騙し騙し自転車におびき寄せて
連れて行きました。保育園の前で更に一段と大泣きしましたが、先生に任せて……


ケンカの後始末が、保育園の先生にまで及ぶなんて、全く情けないことです。ディディエは私に対して怒っているはずなのに、なんでルイとも話さないなんてことをするのだろう。ルイが悲しいと私も辛いからだろうか、私にダメージを与えるためにはルイがどう思ってもいいということだろうか、などと穿った見方もしたくなります。


けれども、「忍耐」あるいは「辛抱」。ディディエは私に対して攻撃的な態度は全く見せなくなりました。向こうも耐えています、きっと。聞くと、寝返りが私の目を覚ましていることに気づいてなかったそうです。私もいつまでも怒るのは諦めましょう。

そんなわけでなし崩し的に、今回のケンカは終わりました。


(17:04)

2017年08月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
機内のヘッドフォン画像

実は、ルイの頭にぴったりサイズのヘッドフォンをもらったんですよね。ということで、残念ながら今年は子犬のぬいぐるみは乗せていません。でも座席には置いていました。子犬と子カンガルー両方、今年も。

bd4079ea.jpg



機内でもらったぬり絵をしたり
2580434b.jpg



機内食チャイルドミール、おいしいっ
9e2cc304.jpg




さて、いくらなんでも時差ボケはなくなりましたが、日本に戻ってからまたディディエと大ゲンカしましたね〜、しました。本当にもう……数日怒っていたので、そのうちに怒ることが目的化して、何に対して怒っていたのかがおぼろげになり、ときどき思い返して、どういう経緯だったか辿り直すと怒りが新鮮に蘇り、それを何回か繰り返してはいたのですが、「忍耐」あるいは「辛抱」、やはり配偶者に対してもっとも重要なのはそれしかないと、友人にも言われ、忘れるくらいの程度のことであれば忘れるかと、仕方なく……

何で怒っていたのか、試しにお話ししますとね、発端はルイがちゃんとドアを閉めなかったことなんですよ。ごめんなさい、本当につまらなくて。兄弟げんか並みですね。

冷房を入れているから、それまで「ドアを閉めなさい」と何十回も繰り返していたのに、またまたルイが開けっ放しにしたことに腹を立てたディディエが、急にルイを怒鳴って、買ってきたばかりのオモチャ(百均の迷彩色の戦闘機)を捨てるぞと。それを私が止めたんです。ドアを閉めなかったというだけで、気に入ってさっきからブンブン飛ばしてる戦闘機を捨ててしまうのはやり過ぎではないですかね。ディディエには100円のものですが、ルイにとってはものすごく価値ある一品(逸品?)ですから。

そしたら今度はディディエが私に腹を立てて、こうやって両親が一致して教育しないからルイがいつまで経っても行儀よくならないんだと、ガミガミ、ガミガミ。そんな小さなことでパパとママが一致してルイに思い知らせる必要、ありますか?命にかかわるわけでもなく? 私はちっとも納得しないし、ディディエの矛先が私に変わっても全く相手にしなかったら、ディディエのだんまりが始まりました。

しかも私に対して怒っているはずなのに、ルイとも話さなくなったのです。いくらルイが話しかけても、ろくに返事をしないし、いつも寝る前に読んでくれるタンタンの漫画もなしで、ルイはしょんぼりしたまま眠りにつきました。

こうして私とディディエの冷戦が始まりました。(続く)


(17:35)

2017年08月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
d20efb32.jpg

c89a65d3.jpg

いい感じでポテトチップスを食べてる写真を撮りたいからと、何枚も撮らされました。私のiPhoneにはもう保存場所がありません。早くコンピュータに移さないと。


ともかく時差ボケがなおっていないので、まだ夜更かし厳禁です。とりあえず寝ます……


(00:52)

2017年08月02日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
こちらは例年通り、涼しい気候になって、早歩きをすると多少汗ばむかなという湿度で、ここの住人は「蒸し暑い」と文句をいい、半袖で大丈夫なものの気温が上がらないので「夏なのにちょっと寂しい」という。人間、どこまでも贅沢に慣れるようできている。

プールの水温も上がらない。20度ちょっと。でも水を見たらとりあえず入るのが子供というもの。
78654c58.jpg





昨日は、ディディエの妹クリスティーンと秋から大学生になる娘=ルイのいとこのアレクシアがやってきた。ルイのいとこ達の中では一番、穏やかな性格で、気を使わなくてよい優しい雰囲気の持ち主だ。背はもう170センチくらいあって大きいけれど痩せ型で、顔の表情もまだあどけない。いよいよ大学生ともなると夏休みはアルバイトに精を出すものなのだが、まだ17歳だと働き口があまりないらしい。今年は最後ののんびりした夏休みになる。

お陰でルイは嬉しくて嬉しくて。アレクシアが1週間、パピマミのうちで泊まると知ると、途端に日本へ帰りたがらなくなった。といっても日本に置いてきたオモチャも気になって……特にライフル銃。

別に誰も何も尋ねないのに、「日本にライフル銃を2丁もってる」とルイは周りに話し出す。「ええっ、2丁も?!」と言われた方は物騒な話に驚く。するとルイは「でもニセモノだよ」と安心してというように付け加える。

あれさえ手元にあれば、もしかするとアレクシアとフランスに居残ることも可能かもしれない。と思っているかもしれない。

ともかくアレクシアがやってきた瞬間から、ママはほぼ無視で、食事中そばに座ってるだけでも満足だし、ゲームとかマグネットの積み木とかしたり、くっ付いて歩いて、夜はアレクシアのベッドの隣にマットレスを敷いて寝た。

「ママ、ルイのマットレス、動かさなくていいよ」と本当はルイに言われていた。「アレクシアのベッドで一緒に寝るから」と。それではあんまりなので移動したけれど。

私は突然のお役御免で、ちょっと寂しいような気が……するかなと思ったら、どこからもほとんどそんな感情は湧いてこず、すがすがしい気持ちで一人、近所に散歩へ出かけてみたりした。



(※ピンズマルシェの商品発送は通常どおり行っております)


(13:48)

2017年08月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
3Dのスパイダーマン。3Dである必然性はあまりなかったような気がした。

映画のあと、ルイは、あちこちぶら下がったり飛び降りたりが、一層はげしくなった。
4eafaf83.jpg



さて、フランスでの日々もいよいよ今日一日だけで、明日は飛行機。

こちらでは保育園がなく、しかし仕事は毎日あり、さりとて家事はお手伝い程度。結果として、プラスマイナスでどうなのかな? ルイにぴったりマークされて、事務仕事の一部がみんなの寝静まった時間帯に回され、結構、寝不足になった。お昼寝は、どうしても眠いからそれでも寝るけれど、ルイが馬乗りになってきたり、寝転んでいるソファから突き落とそうとしてきたり、あまりにも遊んで欲しすぎて、オモチャで叩いてきたり。

一昨日はついにはルイは大きな声で騒ぎ出して、庭仕事をしていたパパが様子を見にきた。

私が夜更かしの影響で眠いのはわかっているし、本当はルイも昼寝するか、少なくとも静かに過ごすべきと思っているから、パパは部屋に入ってくるなりルイを叱り出し、叱って叱って泣かせてしまい、あの~やかましてく余計に眠れないんですけれど……といいたいところをこらえて、ときどき薄目を開けながらも基本は目をつむったまま狸寝入り。

そしたら、ルイをわんわん泣かせた状態でパパは庭に戻ってしまった。

わかってない。全くもってわかってない。私の体調に対する思いやりからルイを叱ったのはわかるけれど、私の希望は、何か楽しいことをしようとルイを誘って連れ出してくれることだったのに。

狸寝入りも続けられず、いよいよ起き出してルイを慰めなくてはいけなくなった。

それでもパパも、ルイの面倒をちゃんと見るときもあるからね。




(※ピンズマルシェの商品発送は通常どおり行っております)


(13:40)

2017年07月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
187232a0.jpg



下の画像のリンゴジュースはいろいろ混ざったミックスジュースなのだけれど、紫の方には根菜のビートと胡椒も入ってて、緑の方は、キュウリとアボカドとミントも入ってる。味見してみた方がいいかなあ?でもきっと帰国までに飲み終わらなくて、冷蔵庫に残していったらパピマミに迷惑をかけるなあと思うと、買う勇気が出なかった。
66c14038.jpg



さて、引き続いて険悪な中でも、ディディエが買い物へ連れて行ってくれると言った。

話し合いを何度かしてみたけれど、何しろお互い自分の思うことを言うばかりで、平行線。何の進展もない。

これ以上同じことを繰り返しても無駄なので、買い物へ向かう車の中では最低限の業務連絡だけで、押し黙ったままだった。ルイだけが、「この道を通るの初めてだね」とかなんやかやと思い付いたことを話しかけてきた。


ショッピングセンターに着いたところでディディエが、
「フランスなんて最悪だし、買いたいものなんか何にもないだろうと思うけどね」と皮肉な調子でいった。

私はますます一層ディディエに呆れてしまって、
「なにそれ?そんなこと一回もいったことないけど?話を作らないで。そんなの思ったこともない」

そういうと私は一人でショッピングセンターの中の子供服の店に向かい、ディディエはルイを買い物カートに乗せて、スーパーへ入っていった。

日本ではあまりないけれど、フランスではよくある巨大なスーパーマーケットなので、買い物に時間がかかる。子供服の買い物はすぐに終わって、私もスーパーに入りディディエたちを探した。


もしかすると「話を作らないで」という私のセリフが効いて、あらゆる場面で自分が話を作り続けていたことに思い至ったのか。それともルイがうまくご機嫌を取ったのか。はたまたフランスの食材を物色するのが楽しすぎたのか。本当に、なぜかわからない。でもスーパーで見つけたディディエの表情からネガティブなオーラが消えていた。普通に笑顔で会話できるようになったのだ。

そしてルイの緊張もかなり解けていて、私も気にしないようにしようとはしていたけど、やっぱりかなり気を使っていたから、子供服を買うときあと20ユーロ欲しかったのを我慢してしまってて、でもかといってディディエにお金を貰ってさっきの店までまた戻るのは面倒だったし、もう1時間ディディエの機嫌が直るのが早かったらなあと、今に至るまで悔しい思いをしている。

仕方ない。



(※ピンズマルシェの商品発送は通常どおり行っております)

(07:29)